top of page
  • 執筆者の写真HIRO Yokohama

外国人【技能実習】制度と【特定技能】制度の違いについて

外国人【技能実習】制度と【特定技能】制度は、日本が外国人労働者を受け入れるための制度です。しかし、それぞれ異なる目的や条件があります。


▼目次

 

外国人【技能実習】制度とは

外国人【技能実習】制度は、日本の企業において、外国人に対して技能習得の機会を提供するための制度です。主な目的は、外国人労働者に技能を習得させることで、帰国後の雇用促進や、日本との協力関係の強化を図ることです。外国人労働者は、日本で技能を習得することによって、自国の産業発展や生産性向上に寄与することが期待されます。


外国人【技能実習】制度は、一定の条件を満たす外国人に対して、最長で3年間の滞在許可を与え、日本の企業で技能習得を行うことができます。ただし、この制度は単なる研修制度ではなく、労働者として働くことができることが大きな特徴です。外国人労働者は、雇用契約を結んで、実際に労働を行うことができます。ただし、実習先企業は、労働条件や待遇について、日本の法律に従う必要があります。


外国人【技能実習】制度は、外国人労働者にとっては、技能習得の機会を提供するというメリットがあります。しかし、実習先企業にとっては、研修内容や労働条件を適切に設定することが求められます。また、実習期間中には、実習生に対して適切な指導や保護を行うことが必要です。


【特定技能】制度とは

一方、【特定技能】制度は、日本における外国人労働者の受け入れを拡大するために創設された制度です。外国人労働者が不足している産業や分野において、外国人労働者を受け入れることができるようになっています。主な目的は、日本の産業や経済の発展に寄与することです。

【特定技能】制度は、技能レベルの高い外国人労働者を受け入れるため、技能を持つ外国人に対して、長期間の滞在許可を与えることができます。具体的には、最長で5年間の滞在許可を与え、その期間中に日本の企業で労働を行うことができます。


【特定技能】制度の特徴は、外国人労働者が労働を行う際の待遇や労働条件が外国人【技能実習】制度よりも良くなっていることです。例えば、【特定技能】労働者は、最低限の給与水準や社会保険の加入が義務付けられています。また、労働条件は日本人と同等になっています。ただし、【特定技能】制度には、いくつかの条件が設定されています。外国人労働者は、日本語能力試験の一定レベルをクリアする必要があります。また、就労先企業も、一定の要件を満たす必要があります。例えば、就労先企業は、労働条件の遵守や、外国人労働者の指導や支援を行うことが求められます。さらに、就労先企業は、受け入れた外国人労働者に対して、仕事の内容や待遇を十分に説明する必要があります。


以上のように、外国人【技能実習】制度と【特定技能】制度は、共に外国人労働者を受け入れる制度ですが、目的や条件が異なります。


外国人【技能実習】制度は、技能習得を目的とした研修制度であり、労働者として働くことができますが、待遇や労働条件に関しては実習先企業に依存します。


一方、【特定技能】制度は、労働者として働くことができる長期滞在制度であり、待遇や労働条件が外国人【技能実習】制度よりも良くなっています。


ただし、どちらの制度にも外国人労働者が日本で働くために必要な条件がありますので、外国人労働者や受け入れ企業は、それらの条件をしっかりと理解し、遵守する必要があります。


以上のように、外国人【技能実習】制度と【特定技能】制度は、外国人労働者を受け入れるための制度ですが、それぞれ異なる目的や条件があります。外国人労働者が適切な環境で働けるようにするためには、政府や企業、社会全体で取り組む必要があると言えます。



閲覧数:12回

Comments


bottom of page