top of page
  • 執筆者の写真HIRO Yokohama

在留資格はビザじゃないの? 在留資格と査証(ビザ)の違い

▼目次


在留資格と査証の違い
在留資格と査証の違い


在留資格と査証(ビザ)は、外国人が日本に入国するために必要な手続きであり、似たような役割を持っていますが、異なる点があります。


査証VISAとは


まず、査証は、入国のための許可証であり、外国人が日本に入国する前に、日本の在外公館で申請し、発給されます。査証は、入国目的、滞在期間、滞在場所、出入国回数などが明示された書類であり、必要な条件を満たすことで発給されます。入国後の滞在期間は、査証に記載された期間を超えることはできません。


在留資格とは


一方、在留資格は、日本に在留する外国人が、日本国内で何らかの活動を行うために必要な資格であり、在留資格が許可されることで、日本国内での就労、学習、家族滞在などが可能となります。在留資格は、入国後に在留管理局で申請し、審査が行われた上で許可されます。在留資格には、期間制限が設けられており、更新が必要です。また、在留資格によっては、ビザなしで日本に入国することができる場合があります。



つまり、査証は入国のための許可証であり、在留資格は在留するための許可証であるため、それぞれ異なる目的があります。ただし、査証の発給条件には、在留資格の条件が含まれることがあります。例えば、学生ビザを取得するためには、学校の入学許可書を提出する必要があります。また、査証と在留資格の有効期限も異なります。査証は、入国前に発給されるため、有効期限が短い場合があります。一方、在留資格は、申請時に設定された期間が有効期限となり、期限が切れると更新する必要があります。



以上のように、在留資格と査証は、外国人が日本に入国し、滞在するための手続きですが、それぞれ目的や有効期限が異なるため、混同しないように注意が必要です。


閲覧数:10回

Comments


bottom of page