外国人材受入れセミナー/勉強会 in 横浜(不定期)

『外国人材の上手な活用』で、自社の明るい未来を創る

初めての外国人材受入れセミナーin横浜

 

政府は、今年の41日に新たな改正入管法を施行し、5年間で34.5万人もの外国人を受入れる方針を発表しました。しかし、どのように外国人を募集し、面接を行い、受入れ・活用すべきかの具体的な手法の説明が全くありません。そこで、複雑難解な外国人雇用について、定期的に勉強会を開催する運びとなりました。 外国人の採用や活用方法をご検討されている中小企業の経営者の皆様に、是非、ご参加いただき、社員と外国人労働者が共に協働できる職場環境づくりの参考にしていただければと思います。勉強会は、一方的に学ぶだけでなく、皆様の疑問や質問に丁寧に回答するため先着25名様限定の小規模な勉強会を予定しております。

 

 


日本在住のフィリピン人向け無料セミナー

For Filipinos living in Japan

「フィリピンの家族が日本で働ける!?」 ハウツーセミナー(無料)

YOU CAN HELP YOUR FAMILY TO HAVE A WORK IN JAPAN

フィリピン人が、日本で働きやすくなりました。

 

2019年4月、新たな外国人受入れ制度が始まりました。特定技能(SSW)という新しい在留資格も創設さ れました。これまでの技能実習制度は、3年間の研修後、母国に帰国しなければなりませんでした。今回 の改正入管法では、技能実習3年+特定技能5年=合計8年間、日本で働くことができるようになりまし た。日本在住フィリピン人のみなさんが、正しい知識を身に付けることで、あなたの家族や友人が日本で 働けるようサポートできるのです。どうしたら家族や友人が日本で働けるのかを正しく理解することは、 あなたと家族が、より豊かな暮らしを手に入れるチャンスです。 私たち『フィリピン人をサポートする 会』が、みなさんをサポートしますので、是非、無料セミナー(勉強会)にご参加ください。勉強会終了 後、無料の相談会があります。ご相談は無料なのでお気軽にお問い合わせください。   当日、皆さんにお目にかかれるのを楽しみにしています。

WORKING IN JAPAN GETS EASIER FOR FILIPINOS

 

April 2019, a new system for accepting foreigners began. A new status of residence called Specified Skilled Worker (SSW) has also been created. Before it was created a Technical Intern Trainee (TIT) had need return to his/her country after 3 years of training. But because of the new system, a foreigner can work in Japan for 3 years as a Trainee plus 5 years as a Specified Skilled Worker, with a total of 8 years.

You Filipino’s currently living in Japan, with the right knowledge of this new system you can help your family and friends to work also here in Japan. Correct understanding on how your family and friends can work here in Japan is an opportunity for you and your family to get a better life. We aim to support everyone particularly Filipinos. Kindly join our FREE Seminar and FREE consultation. Please feel Free to contact us in the contact details below. We are looking forward to see you.