JLCTの過去問題

あなたの今の実力はどのレベル? さぁ、挑戦してみましょう‼︎

JLCT試験は、JCT1からJCT5までの5段階のレベルがあります。いちばん易しいレベルがJCT5で、いちばん難しいれべるがJCT1です。 JCT4とJCT5は、基本的な日本語がどのくらい理解できるかを測ります。JCT1とJCT2では、現実の生活のあらゆる場面での日本語がどのくらい理解できるかを測ります。そして、JCT3は、JCT1・2とJCT4・5の中間のレベルです。


JCT5(初級レベル)

JCT5の認定目安

基本的な日本語をある程度理解することができる

【読む】

ひらがなやカタカナ、日常生活で用もちいられる基本的な漢字で書かれた定型的な語句や文、文章を読んで理解することができる。

【聞く】

教室や、身の回りなど、日常生活の中でもよく出会う場面で、ゆっくり話される短かい会話であれば、必要な情報を聞き取ることができる。



JCT4(準中級レベル)

JCT4の認定目安

基本的な日本語を理解することができる

【読む】

基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近かな話題の文章を、読んで理解することができる。

【聞く】

日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できる。