JLCTの過去問題

あなたの今の実力はどのレベル? さぁ、挑戦してみましょう‼︎

JLCT試験は、JCT1からJCT5までの5段階のレベルがあります。いちばん易しいレベルがJCT5で、いちばん難しいれべるがJCT1です。 JCT4とJCT5は、基本的な日本語がどのくらい理解できるかを測ります。JCT1とJCT2では、現実の生活のあらゆる場面での日本語がどのくらい理解できるかを測ります。そして、JCT3は、JCT1・2とJCT4・5の中間のレベルです。


JCT3(中級レベル)

JCT3の認定目安

日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる

【読む】

日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を、読んで理解することができる。

新聞の見出しなどから情報の概要をつかむことができる。

日常的な場面で目にする難易度がやや高い文章は、言い換え表現が与えられれば、要旨を理解することができる。

【聞く】

日常的な場面で、やや自然に近いスピードのまとまりのある会話を聞いて、話の具体的な内容を登場人物の関係などとあわせてほぼ理解できる。



JCT2(準上級レベル)

日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる

【読む】

日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を、読んで理解することができる。

新聞の見出しなどから情報の概要をつかむことができる。

日常的な場面で目にする難易度がやや高い文章は、言い換え表現が与えられれば、要旨を理解することができる。

【聞く】

日常的な場面で、やや自然に近いスピードのまとまりのある会話を聞いて、話の具体的な内容を登場人物の関係などとあわせてほぼ理解できる。

JCT2の認定目安



JCT1(上級レベル)

JCT1の認定目安

幅広い場面で使われる日本語を理解することができる

【読む】

幅広い話題について書かれた新聞の論説、評論など、論理的にやや複雑な文章や抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解することができる。

・さまざまな話題の内容に深みのある読み物を読んで、話の流れや詳細な表現意図を理解することができる。

【聞く】

幅広い場面において自然なスピードの、まとまりのある会話やニュース、講義を聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係や内容の論理構成などを詳細に理解したり、要旨を把握したりすることができる。